DICTIONARY用語集
DICTIONARY

ご不明点等がありましたら用語集のページをご覧ください

危険負担

建物の売買契約などの双務契約において、契約後類焼などによって建物が焼け、売主の引渡義務が履行できないようなとき、損害(危険)を当事者のいずれが負担するかの問題をいう。建物の引渡義務を負う売主(債務者)が代金を請求しえないとするのが債務者主義、買主(債権者)は代金を支払わねばならぬとするのが債権者主義である。民法の規定によれば、
(1)不動産のような特定物に関する物権の設定または所有権の移転をもって双務(売買等)契約の目的とした場合は、債権者主義を採っているが、
(2)自動車を10台売買するというように種類と数量だけが定まっているような契約の場合は、どの自動車を売るのかがはっきりした時点、つまり不特定物が特定物に変わったときから、買主である債権者が危険負担することとなり(民法534条)、
(3)その他の場合は債務者主義を採っている(同法536条)。 なお、実際の不動産取引の場合は、民法の規定とは逆に、特約をもって債務者主義を採っているのが一般である。

新着ページ

岩出市で不動産の取り引きのサポートを行っているセンチュリー21マトバックスでは、売買を検討されている方に、よりスムーズにホームページをご利用いただけるように、専門用語等の解説をホームページに掲載しております。全てのお客様に信頼を感じながらサービスをご利用いただけるように、ホームページのコンテンツも充実させておりますので、わからない言葉があった方には役立てていただけます。
岩出市にお住まいの多くのお客様から信頼されている不動産業者ですので、相談等がある方は、ぜひ一度センチュリー21マトバックスまでお問い合わせください。